はじめての占い

占いとは
開運について
占いで分かること
相性の見分け方
風水カラー
手相占い
夢占い
パワーストーンの種類
占い道具
占い用語集
☆ご意見・ご感想☆

 

 占い用語集


 
■■ 占い師 ■■

文字通り、占いをする人です、さまざまなやり方がありますが、道具を使ったり、手相を見たり・・・
占いをする人を占い師と呼びます。


■■ 占い師学校 ■■

これも文字通り占い師養成学校のようなものです。普通の学校と同じように、学費を払い、占いの方法や知識を教えてくれます、また、就職先も相談できるところが驚きですね!


■■  家相 ■■

住む場所。家を見て判断する占いです。窓はどっちむきとか、水周りは、この方角が吉といった判断をしてくれます。
ずっと住む家なら、いい運気ですみたいですよね。


■■ 占機 ■■ 

占いを行う時期のこと。いい時期にいい結果が出たり、悪い時期に悪い結果が出たりします。
悪い結果だったからといって、落ち込まず、また違う時期に占いを受けるといい場合があります。
これは占機の問題でしょう。


■■ 式神 ■■

陰陽師の良く登場します。陰陽師が飼っている幽霊のようなものですね。
一般の人には見たり感じたりすることは出来ません。


■■ 姓名判断 ■■

姓名を元にその画数によって判断する運勢の動きを見ることです。
子供が生まれたときにいい画数にするように皆さんが本を買って読んだりして決めているあれです。


■■ 電話鑑定 ■■

電話で占ってくれる占いです。現場に赴くことなく電話で占いをしてくれてお手軽で大変人気の高い占いです。
いい結果、信頼のおける結果を出すのには、やはり占い師との相性も大事なようです。


■■ 厄年 ■■

その年はあまりいいことが起こらず、災難に見舞われてしまうという年を表します。一般的には数え年で男性の25・42・61歳、女性の19・33・37歳が厄年とされています。一生のうちの3年ですから、がんばっていい人生を送りましょう!

Copyright (C) 2014 はじめての占い. All Rights Reserved.